一日で巡ることができる、奈良旅の魅力

近畿地方で歴史の深い街といえば、京都や奈良が真っ先に挙げられると思います。しかし、京都は見るべきものが多く、一日で回ることができないため迷ってしまう方も多いはず。しかし、奈良の場合、奈良市内に見るべきスポットが集約されており、一日でたっぷり満喫できるという、ある意味無計画に出かけても何とかなってしまうという、思いつきで旅に行きたい派にもぴったりな旅行先なのです。 田園風景の中、ゆったりとした時が流れる明日香村や、有名な法隆寺のある斑鳩、由緒正しい神社・橿原神宮、絶景の山々に囲まれた吉野など、みどころが満載の奈良ですが、初心者におすすめしたいのはお寺・神社や昔ながらの街並み、そして自然が混在するJR・近鉄奈良駅を中心とした奈良市内エリアです。

みどころたっぷり、奈良市内エリア

JR奈良駅、近鉄奈良駅からアクセスできる奈良市内エリアは、「ならまち」とも呼ばれ、広大な敷地面積を誇る奈良公園を中心に、歴史的な建造物、昔ながらの街並みが広がります。 まず、「奈良の大仏」でお馴染みの盧舎仏が納められている東大寺、二月堂・三月堂は外せません。和歌の舞台となっている若草山、そしてその山中に広がる春日大社もぜひ訪れておきたいスポット。五重塔がある興福寺をはじめ、歴史的な建造物が徒歩1時間圏内に集まっています。また、奈良公園にはたくさんの鹿たちがいます。愛らしい姿を見にいきましょう。 他にも、古くからの民家・町家が残るならまち、池に浮かぶ浮見堂など、みどころがたっぷり。半日、効率よくまわれば5時間で主要スポットが巡れるお得なエリア。二度目以降も、初回に訪れられなかった場所を巡ったり、もう一度訪れたい場所をさらにじっくり見たりと、リピーターが多い街。ぜひ一度訪れてみてください。