魅力的なご当地カレーがいっぱい

北は北海道から南は九州・沖縄まで、全国のいろいろな町にその町でしか食べられないご当地ラーメンが誕生し、多くの観光客を集めています。「ご当地」と名前の付いたメニューは、ラーメンでけではありません。今、密かにご当地カレーブームが起きつつあることをご存知でしょうか? 今や、日本人にとっての国民食とまで言われるようになったカレーライスですが、珍しいご当地カレーが続々と誕生しています。北海道のスープカレーはあまりにも有名ですが、それに勝るとも劣らない美味しいご当地カレーが全国にはたくさんあるんです。 カレーが好きな方なら、わざわざ飛行機や電車、バスに乗って出かけていっても食べてみたいものばかり。SNSには、旅先でご当地カレーを堪能する人たちの写真が数多く投稿されており、どれも美味しそうなものばかりです。

全国には魅力的なご当地カレーがいっぱい

カレー好きの人もきっと満足するはずのご当地カレーをいくつかしょうかいしましょう。 北海道には、珍しいエゾシカのお肉の入ったカレーが観光客の舌を喜ばせています。エゾシカの肉は、脂肪分が少ないため、とってもヘルシーなのが魅力。臭みもほとんどありません。 信州には、名物の野沢菜を贅沢に使ったキーマカレーがあります。歯ごたえのある野沢菜と信州産の豚ひき肉の絶妙な組み合わせは、ハマってしまう人が続出中。隠し味には、これまた信州の名物であるお味噌が使われているということです。 鳥取県では、地元産の牛肉で作ったハンバーグがまるごと入ったハンバーグカレーが人気です。肉汁たっぷりのハンバーグとカレーのコラボレーションは、想像しただけで食べたくなってしまいますよね。 これら以外にも、まだまだたくさんの魅力的なご当地カレーがありますので、全国を周りながら食べ歩いてみるのも楽しそうですよね。