日本の天空の城!竹田城跡

日本で有名な天空の城、竹田城跡では息をのむような幻想的な風景を見ることができます。竹田城跡は兵庫県に位置しており、トレッキングを楽しみながら城跡まで行くことが可能です。パンフレットやテレビでみるような天空の城の風景をみるには様々な気象条件必要となっており、いつでも見ることができるというわけではありません。まず、雲海の発生しやすい時期があり、9月から11月の秋が一番発生しやすい時期となっています。また時間も大きく影響しており、明け方から午後8時頃までが見ることができる時間帯となっています。つまり早朝に訪れる必要があるのです。他にも湿度が高いことや、晴天であること、風が弱いことがあげられます。これらのことから雲海のかかる風景は希少価値の高い絶景となっているのです。

はるか遠い異国の地!マチュピチュ遺跡

マチュピチュ遺跡は日本の地球の反対に位置するペルーにあります。現在日本からペルーまでは直行便がないため、飛行機を乗り継いで訪れなければなりません。一例として日本からロサンゼルスまで行き、そこからリマに行く方法があります。さらにクスコまで飛行機で移動し、そこから車、展望列車へ乗りマチュピチュ遺跡の玄関口であるマチュピチュの街へとたどり着きます。また、マチュピチュから遺跡の入口まではバスでの移動となっており、約30分もの間くねくねの山道を登って行かなければなりません。かなりの労力を必要とする遺跡までの道のりですが、山頂からのぞむ遺跡は息をのむほど美しく見入ってしまいます。天空の風景を見るには気象条件が大きく影響してくるものの、マチュピチュ遺跡は非常に天気が変わりやすく、数時間後には全く違った風景になることもあるのです。